勉強会」カテゴリーアーカイブ

オカフーズさん勉強会1025

今月は「オカフーズ」さんにお越しいただき、勉強会をしていただきました!

 

〇オカフーズさんとは・・・

東京の築地を拠点に、骨取り切り身を専門にしておられる会社です。

切り身を専門にしておられる会社ということで、日常的によく目にする魚だけでなく、あまり馴染みのないような魚まで、沢山の商品を案内していただきました。

 

 

 

「切り身」「調味済み」「完全調理済み」のそれぞれから、選りすぐりの商品を案内していただきました。

 

パッケージも彩り豊かですね!!

(ちなみにパッケージと段ボールの色は、魚ごとに違うんだそうです。すぐに見分けがついて分かりやすいですよね!)

 

冷めている状態でしたが、一番に「柔らかい!」という感想があがるほど、ふっくらとした食感。

特に味付きのものは、しっかりと味が染み込んでいて、「美味しい!」という声があちこちであがっていました。

「完全加熱済み」の商品の中には「アジのトマト煮」というあまり見かけないような商品も!!

洋風の商品の開発もされているんだそうです。

和気あいあいとした雰囲気の中、商品のことや魚の豆知識なんかも教えていただき、すごく勉強になりました。

 

 

さて、ここからは勉強会で紹介していただいた、商品の詳細をご紹介させていただこうと思います。

「切り身」「調味済み漬魚」「完全調理済み」の3種類を案内していただきましたが、そのすべてに当てはまるのが「ふっくら・ジューシー」という点です。

魚嫌いの大きな理由として挙げられるのが「生臭さ」と「パサパサ、硬い食感」なんだそうです。

 

「骨取り切り身百選Plus」は特に、そんな声を元にして作られた商品です。

その特徴としては、

おいしさ:独自のPh調整法により、魚の臭みを除去。魚の水分を残すことで、パサつかずジューシーに。

ボリューム:加工の際に、筋細胞の破壊を抑えることで、調理後の縮みを抑え、ふっくら食感に。

便利さ:凍ったままの調理が可能。また同じ切り身の厚さなので、加熱オペレーションを標準化出来る。

大きくこの3つが挙げられます。

お客様から多かった要望を踏まえて作られた商品ということだけあり、様々な工夫がなされています。

 

続いて、「調味済み漬魚」をご紹介します。

特徴は、事前にきっちりと味付けされており、凍ったまま焼けるという点です。

調理法は【スチコン】【オーブン】

試食させていただいた中でも特に、味がしっかりついていて好評だったのがこのシリーズでした!

 

最後に「完全調理済み商品」です。

この商品は、少しでも調理の手間が省けるよう、2回加熱されているのが大きな特徴です。

焼き魚の「ふんわり煮魚」と、焼き魚の「ふんわりグリル亭」の2つのシリーズがあります。

 

「ふんわり煮魚」のポイントは、塩分「100g中1g以下」を実現されている点です。

こちらは、栄養士さんからの多くの声を反映されたもので、塩分の計算をしやすくするための工夫なんだそうです。

一方で、「ふんわりグリル亭」のポイントは、焼成・二次殺菌済みであるという点です。

焼いても身が硬くなりにくく、ふんわり柔らかいのが特徴の商品です。

 

「完全調理済み商品」については、調理法は【自然解凍】【湯せん】【流水解凍】【スチコン】の4種類!

調理法が多い分、手軽に使用しやすい商品なのではないかと感じました。

 

ざっとご紹介させていただいて来ましたが、どの商品にもお客様の声がかなり商品に活かされているのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

勉強会の中でも「お客様の声を聞き、改善していくのが私たちの仕事」と仰っておられましたが、1つ1つの商品にそんな想いが感じられました。

 

その他にも・・・・

●煮魚は、冷たい煮汁に凍ったまま入れた方が丸まらない

●魚ごとにパッケージ・段ボールの色が分けられている

●水で解凍すると、その圧力で魚から水分が出て臭みの原因となる・・・

などなど、明日から役立ちそうな豆知識や情報ももりだくさん!に紹介していただきました。

その他にも、様々な情報がHPに記載されていますので、ぜひ一度オカフーズさんのHPにも行ってみてください^^

トップページ

 

弊社営業担当からもご案内させていただくかもしれませんが、疑問点等ございましたら、ご気軽にお問合せ下さい〇

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

大塚製薬さん勉強会_1003

だんだん秋が深まり、肌寒い日が増えて来ましたね。

寒暖差で体調を崩されたりはしていないでしょうか?

さて、先日は大塚製薬さまにお越しいただき、10月9日に発売された新商品について、案内をしていただきました!

 

その名も「ボディメンテドリンク」・「ボディメンテゼリー」

 

 

「飲んでカラダをバリアする」というキャッチコピーがついているこの商品。

どうしてそんなキャッチコピーになったのか、気になりますよね。

この商品の大きな特徴は「B240」という植物性由来の乳酸菌にあります。

この乳酸菌、タイ北部の伝統食ミヤンという乳酸発酵茶から取り出されたもので、

体調維持をサポートする役割が確認されています。

 

その①「乳酸菌B240」と②「水分・電解質」の2つを組み合わせたのが「ボディメンテドリンク」です。

低カロリーで飲みやすい、グリーンシトラス味なので、継続して飲んでいただきやすい商品になっています。

 

そして、①「乳酸菌B240」と身体のリカバリーをサポートする②「BCAA+アルギニン」、身体作りをサポートする③「ホエイタンパク」の3つを組み合わせたのが「ボディメンテゼリー」です。

 

こちらはヨーグルト風味で、さっぱりとお召し上がりいただけます。

 

どちらの商品も「コンディショニング飲料」「コンディショニング栄養食」と言われており、毎日の健康状態や大切な1日に向けて、日常的なリスクに備えて体調管理をサポートする商品です。

「飲んでカラダをバリアする」というキャッチコピーも心強いですね!

 

 

だんだんと寒くなるこれからの季節。

体調管理の1つの方法として、取り入れてみるのはいかがでしょうか。

 

「ボディメンテドリンク」「ボディメンテゼリー」どちらも弊社でお取扱いさせていただいております。

商品の詳細や不明な点などございましたら、ご気軽にお問合せ下さい^^

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

味の素さん勉強会_1002

先日、味の素さんにお越しいただき勉強会をしていただきました!

今回のテーマは「基礎調味料」

ということで、ご存じの方も多いと思いますが、「味の素」「ハイミー」「ほんだし」の3種類の基礎調味料について教えていただきました。

具体的な内容としては、

①「味の素」「ハイミー」の違いとそれぞれの使い方

②ほんだし=味噌汁・・・ではない!

という点を中心に、案内していただきました。

 

改めてどんな商品なのか、それぞれご紹介させていただきますと・・・

 

味の素:「こんぶのうま味」の素であるアミノ酸(グルタミン酸)から生まれたうま味をきかす調味料です。  調理の下ごしらえから仕上げまで幅広く使えて、手軽に料理をおいしくすることができます。

【ポイント】素材本来の持ち味を引き立て、料理の味のバランスを整えます。

【利用用途】炒めものの仕上げ・ギョーザやハンバーグの下味などに!

 

ハイミー:こんぶ、かつお、しいたけに含まれる3つのうま味成分をバランス良く配合したうま味だしです。うま味が強く、素材によくしみこむので、煮物や鍋物などの料理にまろやかな味わいと深いコクを与えます。

【ポイント】うま味が強いため、少量で深いコクを出せて経済的。

【利用用途】和・洋・中のだしの補強として、煮物やスープにぴったりです。

 

ほんだし:香り、コク・味わい、それぞれに優れた3種のかつお節を使用した、“香り高く一番おいしい”和風だしの素です。さっと入れるだけで、様々な和食メニューの味付けを、簡単手軽に美味しく仕上げることができます。

【ポイント】かつお節本来の風味が活きており、簡単に和風の味付けに!

【利用用途】だし用途はもちろん、炒め料理や煮込み料理のコクづけなどに!

 

 

さて、本題の内容についてですが・・・・

まずは①「味の素」「ハイミー」の違いとそれぞれの使い方

味の素とハイミーの違い。

それは「昆布」「かつおぶし」「しいたけ」の3種類の材料のうま味成分の配合の違いです。

味の素は、昆布のうま味:99%+かつおぶしとしいたけのうま味:1% 

ハイミーは、昆布のうま味:92%+かつおぶしとしいたけのうま味8%

この配合の違いが、「味の素」と「ハイミー」の違いを生むんだそうです。

味の素の方が先に味が来るように感じられ、ハイミーの方が味が後に残るように感じられるようです。

勉強会では実際に、こんな感じで、「塩」・「味の素」・「ハイミー」それぞれの調味料だけで味付けをした大根を食べ比べさせていただきました。

食べ比べてみると全然違うんです!

そんな特徴を持っているため、

味の素:料理の味のバランスを整えるので、炒めものの仕上げ・ギョーザやハンバーグの下味などに!

ハイミー:少量で深いコクが出せ、和・洋・中のだしの補強として、煮物やスープに!

という使い分けが出来るんです。

 

②ほんだし=味噌汁・・・ではない!

ほんだしと言えば、味噌汁というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回の勉強会ではほんだしの新たな活用法も教えていただきました!

残念ながら写真はないですが、ほんだしをお湯と薄口醤油で割るだけのお茶漬けや、焼きそばなど。

ほんだしを使うだけで、いつものメニューが少し和風になり今までとは違う楽しみ方が出来るようになります。

事務チームの間ではお茶漬けが人気で、おかわりする人も(笑)

 

 

 

 

 

基礎調味料ということで、馴染みのある商品の今まで知らなかった情報を沢山知ることが出来て、

すごく勉強になりました^^

 

今まで使用されたことのある方も、使用されたことのない方も、今一度「味の素」「ハイミー」「ほんだし」を利用してみてください^^

何か疑問や気になることなどございましたら、ご気軽にお問合せ下さい〇

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

#1 GFCさん勉強会_0821

先日、秋冬向けの商品をGFCさんに案内していただきました!

その時の様子はこちら↓↓↓

おせち向けにも使えるような商品も沢山あったので、色目が鮮やかな商品が多かったです。

秋刀魚や栗など秋らしい商品もありました。

 

そんな勉強会ですが、いつもは営業さんがメインとして参加していましたが、今回の勉強会からは、事務員さんも参加ということで・・・

 

すごく楽しそうです。笑

 

今後も、社内全体で商品知識の向上を目指して取り組んでいく予定です。

 

 

弊社の営業担当から案内があるかもしれませんが、秋冬向け商品、およびおせち商品のご相談も随時承っております。

 

ご気軽にお問合せ下さい〇

 

よろしくお願いいたします。

 

 

No.00

初めまして。原田フーズのマーケティングチームです。

こちらのブログでは、毎月行われている社内勉強会の様子を

主に更新していく予定です。

 

そもそも社内勉強会というと、すごく難しいことをやっているのでは・・・

と想像される方もいらっしゃると思いますが、

 

(もしかすると私だけかもしれませんが)

 

新商品やリニューアルされた商品を中心に、各メーカーさんに直接案内していただいています。

 

実際に試食もさせていただき、商品知識の向上に努めています。

 

・・・と真面目に書いておりますが、時に真剣に、時に和気あいあいとした雰囲気の中で行われています*

 

随時、そんな様子もお届けしたいと思いますので、ご気軽に訪れていただければ幸いです。

 

また、商品に関するご相談等、ご気軽にお問合せ下さい。

 

 

それでは今後の更新に、ご期待ください^^

 

よろしくお願いいたします。